ロゴ
HOME>オススメ情報>部屋に設置するメタルラックの選び方【サイズ採寸は入念にする】

部屋に設置するメタルラックの選び方【サイズ採寸は入念にする】

メタルラック

メタルラックの活用事例

メタルラックは大きさや組み立て方のバリエーションが豊富で、無限の使い方ができます。部屋の大きさや収納したいものに合わせて、形を自由に変えられるのが最大の特徴です。キッチンやプライベートルームで収納するものの大きさを測ってから組み立てると、無駄なスペースを使うことなく部屋を機能的にします。代表的な使い方は棚ですが、メタルラックの付属品を使うとクローゼットにも変身します。メタルラックにはハンガーをかけられるバーを付けられる仕組みになっていて、洋服をかければクローゼットとしても活躍します。しかもメタルラックの一部分はクローゼットになり、他の棚にはバックや帽子などのアイテムの収納も可能です。またフックをつければそこには帽子をかけられ、お出かけする前にその場でファッションコーディネートのチェックもできます。

メタルラック

メタルラック設置の注意点

メタルラックを設置する前に、何を収納するか決めておくことでちょうどいいサイズを選べます。あらかじめ中に入れたいものの大きさや量を測っておくと、物を置いた後にちょっと高さが足りないので棚の位置を変えるといった無駄がなくなります。またメタルラックは強度を保つために、収納するものの重さで使用するポールの太さが決まっています。重い物を置きたいのなら、安全に収納できるように太いポールを使用します。ラックのサイズが決まったら、設置に必要な部品を確実に取り付けながら組み立てることも大切です。棚をポールに留めるための部品を取り付けるには、部品の一つ一つがしっかりと固定されていることを確かめます。そして安定していることを確認しながら棚を設置していきます。